サプリメントと食事

黒酢は美容にも良い

サプリメントだけでは却って不健康

サプリメントは栄養補助食品として定義付けされています。そして配合されている成分がより消化吸収されやすく常温での長期保存がしやすいように加工されて販売されています。飲み方はいたって簡単。水と一緒にサプリメントを飲むだけです。忙しい現代人にとってサプリメントを取ってさえいれば食事に費やす時間を削減出来て空いた時間を有効活用出来そうな感じがしますがサプリメントを食事の代用にするのは間違いです。そもそもサプリメントとは普段の食事では不足しがちな栄養素をサポートするために開発された補助食品です。食事の代用として開発されている訳ではありません。黒酢サプリに関してもこの事実は当てはまります。バランスの取れた食事を3食きちんと摂る、これが人が健康出あるための第一歩です。

では何故サプリメントだけじゃダメなの?

サプリメントが食事の代用とならないのはその摂取方法によります。サプリメントは薬のように水で飲むだけの形状で製造されています。つまり噛まずに飲む、という事ですね。カプレットのように噛んで飲むタイプもありますが、それでも食事のように何度も咀嚼するものではありません。実はこの「噛む」という行為が人間の健康状態に与える影響は想像しているよりも遥かに大きいものがあるのです。人は噛む事で脳に適度な刺激を送りその後消化吸収のための様々な指令を全身に送ります。口の中では飲み込みやすくするために唾液が盛んに分泌され、食道の筋肉を動かし、胃に送り込まれると胃液が分泌され消化されやすい状態になります。その後腸で更に消化を促進する目的で腸では独自に栄養素を吸収し残骸を排泄させるための準備に取りかかります。(人の臓器中、唯一脳からの指令では無く独自の判断で活動開始するのが腸だと言われています)そして代謝系の内臓では吸収された栄養素を分解、再合成して代謝活動に備えられます。これら一連の行為が全て「噛む」という行為が食事中繰り返される事がスイッチとなり始まるのです。したがってサプリメントを食事の代用とする事が長期化すると人の代謝サイクルに深刻な狂いが生じる事になりかねないのです。黒酢サプリは栄養面で非常に優れたサプリメントですが、やはりこれだけを取っていれば万事オッケイというわけではありません。



Copyright (C) 2015alisoncranephotography.com All Rights Reserved.