サプリメントと薬

黒酢は美容にも良い

薬とサプリメントの違い

サプリメントは一見すると薬と良く似た形状とパッケージで販売されています。また健康に良い成分が凝縮されているため、薬の代わりにサプリメントを適宜取っていれば大丈夫の様な気分になりがちですね。しかし、サプリメントは薬ではありませんし、自己判断で間違った摂取をしていてはとりかえしのつかない深刻な事態に陥る可能性もあります。ここではサプリメントと薬の違いについて説明していきましょう。まず薬との決定的な違いは、サプリメントは特定の疾病の治療用に開発されたものでは無いという事です。これまでも何度か説明してきた様に日頃の食事では不足しがちな栄養をサポートしたり、より消化吸収しやすくなるような手助けをするための補助食品だと言う事です。薬は薬事法の適用を受け、薬局や医療機関で販売されます。症状や体質によって副作用が出る場合もあり、その病気が治ったら服用を中止します。しかしサプリメントは食品ですので薬事法の適用を受けていませんし、病気の回復をそれだけで行うものでもありません、また健康のために長期間摂取するのも可能です。一見すると良く似たもの同士ですが中身は全く別ものだと心得ましょう。

病気中の人のサプリ服用法

サプリメントは食品ですが、その成分がより効率的に働くための様々な工夫が成されています。もし病気中で服薬治療中の人がサプリメントを飲むと薬の成分とサプリメントの成分とが干渉しあって薬の利き目を弱めたり、逆に副作用を強める事があるという報告例があがっています。黒酢サプリの場合、黒酢に含まれる成分が凝縮された形で配合されています。黒酢には9種類の必須アミノ酸の他にも種々のアミノ酸、ビタミン類、ミネラルなどが含まれていて非常に優れた健康食品で、黒酢サプリはこれらが更に吸収されやすく飲みやすい形に加工されている商品です。これまで黒酢サプリがある特定の薬剤との飲み合わせで悪影響が出るという報告例は挙げられていませんが、マグネシウムやカルシウムなど摂りすぎると結石になりやすい成分が含まれていたり、米アレルギーの人の場合原料の玄米に反応が出る危険性もあります。万が一に備えて服薬治療を受けている人は主治医に相談の上黒酢サプリを飲む様にしましょう。



Copyright (C) 2015alisoncranephotography.com All Rights Reserved.