加熱調理にもさっぱり風味付け

黒酢は美容にも良い

酸味を加熱すると

お酢に含まれる酸っぱさの成分である酢酸は揮発性の物質です。水溶液中の酢酸は加熱する事で水分と一緒に蒸発します。中華料理でお酢を加熱する料理をするとつ〜んとした刺激臭があたりに立ちこめるのは酢酸が揮発して拡散するためです。酢酸は食酢中に大体4%程度含まれていると言われています。健康に良い黒酢ですが、酢酸はカルシウムを溶かしたり胃壁を荒らしたりする場合があるため、加熱して揮発させる事でその割合を減らすと歯や胃への負担も軽減されます。また加熱後の適度な酸味は、酸っぱいものが苦手な方にも食べやすくなるでしょう。この様に、加熱調理の際に黒酢を調味料として使う事にはさまざまなメリットがあるのです。

黒酢の利用でさっぱりとした風味に

普段の料理に使うお酢を黒酢に置き換えただけで、風味や味がぐっとあがるのが実感出来ると思います。中華料理では「香酢」を調味料として使う料理が非常に多いのですが、この応用で黒酢をお酢を使った加熱調理に積極的に取り入れてみましょう。油分が気になる人は水溶き片栗粉を使う酢豚や甘酢あん掛けを黒酢炒めにして片栗粉を使わない様にすると摂取する油分を減らす事が出来ます。ただ、毎日酸味の効いた食事ばかりではさすがに飽きますね。たまには違う味のモノを食べたい時には是非黒酢サプリを利用してみて下さい。黒酢サプリなら水だけで簡単に飲めますし、黒酢エキスが凝縮されているため刺激臭や酸味も気になりません。食事で黒酢を摂れなかった場合にはきっと心強い味方になることでしょう。



Copyright (C) 2015alisoncranephotography.com All Rights Reserved.